「ある日、爆弾が落ちてきて」古橋秀之

感想

「〇〇」(あとがき参照。)をテーマにした、ボーイ・ミーツ・ガールのSF短編集。昔読んだ記憶がありますが、改めて読んで、完成度の高さにきづかされました。

もう出版から10年以上たつ作品ですが、古さを感じさせません。このあたりは文体が標準的で、テーマが普遍性があるからですね(ボーイ・ミーツ・ガール)。というか、「トトガミじゃ」のシチュエーションは、最近になって人気になってきたような……。

10代のときに読めば、もちろん共感するでしょうし、大人になってから読んでも「ああ、昔はこういうこと考えていたなあ……」と、懐かしい気持ちに浸れると思います。

〇〇のネタバレ含む感想

以下、もうすこし感想を述べると、時間がずれているとふつう、個人間の距離が離れてしまうわけですよね。登場人物の分かり合えなさというか、そもそも触れられすらしないんじゃないか、というような絶対的な離隔が生じてしまうわけです。

たとえば「代書人バートルビー」で、バートルビーは届かなかった手紙を処理する役割についていて、「 i would prefer not to」…何事に対しても「せずにすめばありがたいのですが」というような人物となってしまった、と推測されていますが、これも、その離隔の一つのありかたといえそうです。

また「失われた時を求めて」はその長大さをもって、登場人物のために「時」という場所を与えてやった小説だといえますけど、現代の読者は彼らが暮らした時間にけっしてたどり着くことはできないわけです。

SF作品にまで目を向ければ時間SFというのは一ジャンルを築いていますね。「ここがウィネトカなら、きみはジュディ」や「たんぽぽ娘」なんかがわかりやすく有名です。

最近みた映画では「僕はあす昨日の君とデートする」も時間の交わる一瞬をテーマにしていて、面白かったです。

本書の特徴は、時間をモチーフにした短編をまとめて一気に読むことで、そうした時間SFのもたらす様々な読後感を味わい、また比較できる点にあると思います。全体としては「ほんわり」とまとめた短編が多いのですが、それでも時間のずれがもたらす「わかりあえなさ」みたいなものは共通していて、いつ終わるともしれない日常のはかなさ、などが示唆されます。

最後に収録された短編「むかし、爆弾が落ちてきて」は、その時間という壁を乗り越えるという意味で、本書全体の総括となっており、まとまりがいいと感じさせるところです。

コメント