上田岳弘

上田岳弘

「私の恋人」「塔と重力」上田岳弘

感想 「私の恋人」「塔と重力」は、いずれも他者との交流がメインテーマ(の一つ)になっています。「太陽・惑星」にはじまる近景(・中景)と遠景を自在に行き来する著者の手法はここでも用いられており、身近なテーマが人類史的なテーマと接合され、スケー...
上田岳弘

「太陽・惑星」上田岳弘

「太陽」 本編は色々な文学、作品を連想させる。太陽の眩しさに苦しむ通り魔はまるでカミュの異邦人だし、パラメータや因子の自由変更が可能になり、記述の束が無意味になった時に、なお特定の人間を指し示すことができるか、については、分析哲学の思考実験...