歴史

イギリス

イースト・エンドを知るために:「塗りつぶされた町」サラ・ワイズ

イースト・エンドについて イギリスのイースト・エンドと呼ばれている地区は、かつて貧困者の集まる地区でした。 ここの成立について「イギリス近代史講義」をひらくと、港が成立におおきくかかわっていることが指摘されています。 まず「ロ...

「ヒゲの日本近現代史」阿部恒久

 ベートーヴェンを聞けば、ベートーヴェンさ。モオツアルトを聞けば、モオツアルトさ。どっちだっていいじゃないか。あの先生、口髭をはやしていやがるけど、あの口髭の趣味は難解だ。うん、どだいあの野郎には、趣味が無いのかも知れん。うん、そうだ、評...

「世界システム論講義」川北稔

本書は世界システム論の立場から近代史を概観した本です。学術的でありながら平易でわかりやすい文体が特徴的で、歴史の再入門にも適した良書といえます。

「流動的」で「多声的(ポリフォニック)」な中世写本の世界:ハイデ「写本の文化誌」

本書の概観 本書は、中世の本の制作過程をしるした一章と、パトロンによる注文製作をしるした二章、読者による受容を中心にみた三章、中世における作者概念や、中世写本の概観的考察を行った四章からなります。