「エラスムス神学著作集」エラスムス

 概要 金子晴勇訳。「エンキリディオン」「フォルツ宛て書簡」「新約聖書への序文」「真の神学的方法論」「対話集」より「敬虔な午餐会」「エピクロス派」「ロイヒリンの神格化」。加えて、解説とあとがきを収録。

中世の情報管理と現代に残る痕跡たち「情報爆発」アン・ブレア

「怪物のような革命」と「禁書目録」:マリオ・インフェリーゼ「禁書」

 

「あらゆる国と言語にとって最高の褒章に値する人」グーテンベルクの印刷術

スティーヴン・グリーンブラット「1417年、その一冊がすべてを変えた」

 

M・マクルーハン「グーテンベルクの銀河系」

概要

当サイトの使用画像・テーマについて

当サイトのテーマはを利用しています。 背景画像には、フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)様より、「こぼれたドライフラワーと古書」を使用させていただいております。 また、Wikipedia等から、パブリック・ド...
未分類

プライバシーポリシー

個人情報の保護について 「」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。 個人情報の収集について 利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名...
未分類

当ブログへのお問い合わせ(メールフォーム)

読み込んでいます...
未分類

当サイトについて

掲載されている広告について Amazon アソシエイト・プログラム  bookmtmは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Am...